読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに語るSKYRIMプレイ日記

このブログはいまさらSKYRIMにハマッたので気ままに書いたりSS乗せたりする旅日記。

CHOCOLATEのプレイ日記1 「マーラの導き」

CHOCOLATEのプレイ日記

f:id:Balin_SKYRIM:20141122194242j:plain

突然だけれども、とてもピンチです。

気づいたら捕まってこの監獄に入ったのが一週間前?・・・・たぶん。

いや・・・もしかしたら、もう数ヶ月は過ぎてるかもしれない。

 

f:id:Balin_SKYRIM:20141122235740j:plain

牢屋に隠されていた食料も底をついていたし、明かりの見える牢屋の外からは

亡霊に似た恨みの声が聞こえる

 

f:id:Balin_SKYRIM:20141123000707j:plain

ちょっと前?もう記憶が定かではないけど、洪水によりここは見捨てられ衛兵達は去っていた。

うめき声や叫び声が聞きながら、偶然にも部屋に隠してあった食料で今まで生きてきたけど・・・。

 

 

f:id:Balin_SKYRIM:20141123000712j:plain

顔を上げると底にはさっきまでなかったマーラの像がある。

私は意を決して近づくと、マーラ像が話しかけてきた。

 

f:id:Balin_SKYRIM:20141123003259j:plain

声「可愛そうな私の子供よ。優しき愛を持つものよ。」

像が話しかけてくる!

声「私の力で貴女に第2の人生をあげましょう。」

第2の人生?私死んだの?うそでしょ?

 

 

f:id:Balin_SKYRIM:20141123001921j:plain

声「選びなさい。貴女の次の人生を。」

 

自分が死んだと思った私は混乱した頭の中でなぜか・・・死霊術師を選んでいた。

選択肢の中にウィンターホールド大学の一員になるという選択もあったのに。

 

 

f:id:Balin_SKYRIM:20141123002910j:plain

そうして私は言われるがまま、ベットで眠りに落ちた・・・・。

 

こんな感じで今回は終了です!